ナツイチ

 

たまに、思い出して見ます。

 

出会えなかったかもしれません。

たとえ千人、いや、一万人と出会ったとしても、
あなたという一人と
出会うことはできなかったかもしれません。

まぁ、数がどうとかではないんだけど。

 

それを何と呼べばいいんだろう?

あなたと出会えたその時の空気の匂いとか、
その時聞こえた音楽とか、
そういう、いろんなものやことに支えられた、
あなたと出会えたその時だったりするので。

そう、それは一冊の本に似てると思う。

私の世界を変えたりできるから。
あなたを知る前には戻れないから。

出会えなかったかもしれないから。

千冊、いや、一万冊読んでも、
出会えなかったかもしれないから。

まぁ、数がどうとかではないんだけど。

 

あなたの好きな一冊が、
私の好きな一冊になったりすること。

それは、軽々しく言ってしまえば、
それは奇跡です。

その瞬間を、私は、軽々しくも
奇跡と呼びたい。

 

ナツイチ 夏の一冊。 集英社文庫

 

ぜんぶ、昔いた大学で撮られたムービー。
講義室も、アトリエも、ベンチも、僕らのいた場所。

特に、あのベンチではよく昼寝してました。

 

武蔵野美術大学さま、
この先も、できるだけ取り壊さないでください。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳