21 → 46 = 29

29回目の誕生日。

 

これを、

 

勢いあまって、

 


現実にしました。

20代最後の自分へのご褒美。
って、OLみたいなことをしてみました。

Safari 4


Safari 4 Betaをインストール。

立ち上げるなり、よく見るサイトが一覧表示されました。
Yahoo!やGmail、自分のサイトに混じって、Perfumeも。
表示数を変えたり、ピンナップできたりするようです。

 

Safari 3の4倍、IEの30倍速くなったという宣伝は体感できます。
ただ、Flashの読み込みはさほど変わらないのかなといった感じ。

たかがブラウザ、されどブラウザだなぁと感心しました。

OSXで培ったExposeやCoverFlowなどの操作性や挙動を
ソフトウェアにも応用していくことで、OSXになじんだ
ユーザーもすぐに新機能を理解(学習)できる。

この辺の、ユーザーとのつきあい方が上手いと思います。

マイティーマウス

こちらのブログを参考に、マウスを解体して
中の玉を掃除しました。

意外とカンタンで、効かなくなっていた上スクロールが復活。
買ったときの快適性を取り戻しました。

ちょうどこの解体写真の基盤の右下、黒い円形は
内蔵スピーカーです。なぜにマウスでスピーカー?
実は、このApple純正マウスの「ジジジ‥‥」という
スクロール音は電子音だったのです。

そういえば、iPodもカリカリって音がボリュームを
調節していることを体感させてくれているわけで。

それがマウスにまで。芸が細かすぎる!

分解して知ることもあるんですね、勉強になります。

QUAD CAMERA

iPhonephoto01

 

iPhoneのトイカメラが面白い。

iPhonecameraiPhoneのへっぽこカメラを逆手にとって、
トイカメラ風な味エフェクトをかけた写真が
連写で撮れちゃいます。

しかも、エフェクトの数はビビッドやハイコン、
モノクロなど5つから選択可能、連写スピードも
自由に設定できてしまう。

ふつうに撮ったら汚くて平板なiPhoneのカメラ。
これさえあれば、退屈な日常も変顔するだけで
なんだか華やぎます。本当です。

フルサイズ一眼レフへの熱が冷めたところに
とっても楽しい玩具がやってきた感じです。

iPod touchを持ってる友だちに勧めといたけど、
そういえばtouchにはカメラがないんだった‥‥。

 

QUAD CAMERA
※クリックするとiTunesが立ち上がります。

Fun Apps

iPhone版『Google Earth』が出た。

よくできたオモチャだ。
 
 
iPhoneで出るアプリ(Apps)には

 ★機能的なモノ・・・検索系やお仕事管理系
 ★遊び的なモノ・・・ゲーム、ジョークグッズ系

の2つの方向があり、圧倒的に後者が多い気がする。

マルチタッチインターフェイス(2本指で触ると動く)と
加速度センサー(本体を傾けると画面も傾く)によって、
これはもうメディアアート?と言えるモノが生まれている。

指で地球を回せるなんて検索するぶんには不要だし、
マシンが重くなる点でも機能的ではない。

けど楽しい(はず)。
 
 
 
例えばこれもそう。
携帯電話にこんな楽しいゲームが入ってる必要性は、ない。

iPhoneでやってるから“当たり前”に見えるけど、
デバイスが異なれば立派なアート作品だと思う。

それを毎日携帯する必要がどこにあるの?ってのはあるにせよ。

そんなこと言い出したら、アートって必要なの?という話にもなりそう。
だからアートなんかにならずにAppsとして平然とそこにあるのがいい。

まぁ、喜んで触るのは最初の3日くらいなんだけど。

チャージ

来年用の『ほぼ日手帳』が届いた。
何だか来年はがんばれそうな気がするー!(詩吟風に)
 
 
 
PS3がFlash9に対応した。

記念に、ニコ動とUNIQLOCKをTVで視聴。
ふつうにきれいで、音もイイ。変な感じ。

iPhoneも早くFlash対応してほしいなぁ。
 
 
ちなみに、壁に貼ってあるポスターは
いま狙ってる46インチのBRAVIA。幅108cm。

「こんな恥ずかしいものを貼ってる間は誰も呼べない」
と彼女はものすごく恥に思っているようだけど、気にしない。

2.1UP↑

iPhoneを使いはじめて1.5ヶ月。
もたつく日本語変換や落ちるSafariにも
慣れつつあったけど、やっぱり不便は不便。

そんな感じでいた今日この頃でしたが、
不満がすべて吹っ飛ぶようなアップデートが
今日、公開されました。

アップル、iPhone 3G用の最新ファーム「2.1」を公開

★通話発信時のエラーと通話中のエラーに回線切断の発生頻度の減少
★バッテリー寿命の劇的な向上
・iTunesへのバックアップ所要時間の劇的な減少
・メールの信頼性の向上(特にPOPおよびExchangeアカウントのメールフェッチ時)
・アプリのインストールの速度の向上
★アプリが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生じる問題の修正
・SMSのパフォーマンスの向上
・アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
★3G信号強度表示の正確性の向上
・SMS着信時の警告音繰り返し機能(2回まで追加可能)
・パスコード入力に10回失敗後のデータ消去オプション
・Geniusプレイリスト作成機能

上記リストには含まれていないものとして、

★日本語入力時の遅延解消
★日本語の連文節変換への対応
・計算機のバグ修正
・パスコードのセキュリティーホール修正
・写真につくジオタグ(GPSからの位置情報)の不具合修正

そんなに問題多かったの?ってぐらいにこれだけ多くの
改善がなされたアップデートは、OSXの10.1以来かも。
さっそくインストール。

…スゴイ!

電波グラフ1本だった我が家も5本に(iPhoneは最高5本)。
不満だった日本語変換もサクサクできるし、バッテリーも
確かに以前に比べたら減りが少なくてイイ感じ。

iPhoneユーザーにしてみれば
これはちょっとした事件です。

ファーストインプレッション


iPhoneを買って一週間。

数多のニュースサイトやブログなどで書かれる
「ここがダメだよ!」な点や不具合等について、
うんうんと頷き共感しつつも、もう手放せない。

・バッテリーが持たない
・文字入力が遅い、重い
・たまにアプリが落ちる
・コピペができない
・Flash未対応

など、改善してほしい部分はもちろんあるけれど。

電池以外は未来のアップデートでなんとかなるんじゃ
ねーの?と楽観視もしている。ソフトが軽くなれば
電池も今より長持ちするかもしれないし。

 

おサイフケータイやワンセグがないことは
個人的にはまったく問題ではなく、むしろ

・iPodやネットラジオを聴いたり
・外出先で仕事のメールをさばいたり
・添付資料のパワポをチェックしたり
・お気に入り動画や写真をストックしたり
・空き時間にPCサイトの記事を読んだり
・Google MAPで不動産物件を歩いたり

が手のひらでできる快適さはもう後戻りできなくて、
文字通りスマートフォンとして使えることがわかった。

あと、電話としてはスピーカーフォン機能と
イヤフォン&マイクでの会話が予想外に便利。
電波状況はなんとかしてほしいよ、孫くん。

 

このブログが僕の感想にとても近い。

Debut

iPhone買いました。

SHIBUYA TSUTAYAにビックリマンの
DVDを返しに行った帰り道、量販店で
「緊急入荷」の札を見つけてしまい、買ってしまい。
ビックリですほんと。

 

つーことで、

携帯メールが変わりました。
関係ないけど来月には住所も変わります。
(電話番号は以前のままです)

 

iPhoneは生活に変化をもたらしてくれました。

まず、夢中になりすぎて
彼女が口をきいてくれなくなりました。
復旧にはしばし時間がかかりそうです。

お金をつかうか、つかわれるか。

5歳下の弟が(僕の先を越して)

 

・40インチ・フルハイビジョン液晶テレビ
・ブルーレイレコーダー(どっちもSONY)

 

を買ったんだとか。

 

30万を切るように交渉して、
占めて29万円、だったとか。
え?どこにそんなお金が!?

「だってボク社会人やもん」

はーーーー!!!
あ、そう。

 

兄が3.5インチのiPhone買うかで
悶々としている間に、40インチて。

「ボクのは衝動買いじゃないもん。
 兄ちゃんはちょっと金遣いが変すぎ」

あ、そうね。
よくわかります。

ダメ、絶対。

午前7時、曇り空のベランダから
ヘリコプターの音が聞こえる。

あれは表参道の方角。
TVをつけると行列の空撮。

「1,000人はいますっ、長蛇の列です!」
「そして今、iPhoneが発売されました!」

アナウンサーの手には実機が。
誤操作で説明。おぼつかない。
慌てるな!HOMEボタン押せ。

 

それにしても、あの行列に自分も
いるはずだったんだけどなー。

かつて学割目当てにauに強制加入させた
彼女より「勝手なキャリア変更は許さん」
と猛反発を喰らい、見逃すことにした。

「auがいいって強いられてJ-PHONEから
 乗り換えたのに、ずるい。絶対にダメ。
 いい?絶対に、ダメ」

麻薬かっつーの(取り憑かれてるけど)。

あ、手が震えてる…。
タッチしてぇー。

 

捕らぬ狸の夏

7月。
キヤノンと熾烈な頂上決戦をしている?
ニコンから、またもサプライズな機種が。

D700

  ・D3と同等のフルサイズCMOSセンサー
  ・イメージセンサークリーニング搭載
  ・D300に近づけたサイズおよび外観
  ・33万円前後(いずれ20万円台後半?)

戦略的モデル、ってまさにこれだなぁ。

性能と価格設定のバランス、そして昨年からの
発売ラッシュ&北京オリンピック直前!という
図りきったタイミング…すべてが絶妙すぎる。

 

僕にフルサイズのカメラが必要か?

という素朴な自問自答も抱きつつ、この先、
一眼レフを買うということはフルサイズ機の
購入を意味するようになっていくのかも。

 

「後出しじゃんけんのキヤノンがどう出る?」と
期待と不安が半々のキヤノンユーザーたちの書き込みが面白い。

個人的にもキヤノン後継機が気になりつつ、
でも、いまお金があるならニコンかなー。
フィーリングで。

Jobsが気になってJobが手につかない件

iPhone 3Gが発表。
日本では7月11日に発売だそうで…。

ネット上では早くも

「Xデーは7月11日か!」
「夫婦で2台と九州の実家用に1台買います」
「8GB = 199ドル マジですよ。やす!」
「おいおい、売れない決定的理由が無いぞ・・・」

の声が続々。。
みんな買う気満々だなぁ。

http://www.apple.com/jp/iphone/

iPhone!


この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、
今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、
アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

 

先日の各社夏モデル発表でも今ひとつだった我がau。

そろそろ見限るときが来たかなー
なんて思ってたらこのニュース。

白戸家に籍を入れよっかなー。

shuffle


買っちゃった〜♪

また!?」と呆れる同居人は
『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部と
第4部を買い込んでウハウハ、笑ってる。