暖かい春の旅


九州・四国を横断してきました。
しばらく仕事したくありません。

ただいま東京。

国内旅行

今日からゴールデンウィークNo.2。
飛行機で南へ行きます。

 

さらば東京。

ごめんなさい!と西に頭を垂れ

親を旅行に、と思う。

こういうのを見ると。

京、明日、神戸。




高校の同級生の結婚式のため、関西に来ています。
最初は京都篇。

三十三間堂と建仁寺、清水寺を巡りました。
紅葉が見頃です。

ホームグラウンド

短いながらも実家ライフを満喫し、
いつもの夜行バスで帰京を果たしました。

地元の同級生とドライブに出かけたり、
祖父と共に母校の陸上総体を観戦したり、
実家の会社を大掃除したり、充実した5日間でした。

とくに、高校の美術部仲間の3人と
面と向かって話が出来たのは念願叶ったりで。
メールや手紙のやり取りは絶やしたことがなかっただけに、
社会人になりたての3人に地元で会うのは楽しみの一つでした。

 

なんの取り柄もないド田舎だと思いながら高校卒業と同時に
上京しましたが、意外に発展もしているし、ビジネスチャンスも
なさそうでありそうな、素敵な街に変貌していました(人口微増!)。

でも本当のところは、自分のものの見方が変わったからでしょうね。
その眼を培ってくれたのは東京という土地だったり、大学だったり。

そこにいる人と直に話をしたり。マニュアル車をエンストさせたり。
経験は常に人を変えます。成長しているか?は怪しいけれど。

 

祖母のお見舞いにもやっと行くことが出来、
帰ってやりたいことが全部できた5days。

trash更新。

帰ってきた

あ~戦士たちが黄泉の国から帰ってきたぞー!

 

帰ってきました、東京に。
あっという間のプチ旅行でした。

よい現実逃避になりました。
というかむしろ現実に目を向けた日々でもあった。
やりたいことや今やってることの設計図が、
なんとなく頭に映りだした感じです。

何がなんだかこれではサッパリな文章ですが、
異文化コミュニケーションをしてちょっと頭が
冴えた気になってるだけかもしれません。
気分派。

 

大阪の梅田あたりは嫌いじゃないけどしっくりこなくて、
田舎の上新庄が丁度いいサイズに感じ、居心地よかったです。
目の前はお笑いコンビ北陽の母校、北陽高校。

 

弟と別れ、夕方になって神戸の三ノ宮に行きました。
高校時代の同級生が住んでいる街で、向こうでは初めて。

彼女は都市計画とかが専門の院生で、その辺の話をたくさん聞きました。
坂道だらけの神戸をサンダルで案内してくれました。

 

東京はじゃっかん寒い気がします。気温が。

あと、都市とか風景の話を聞いたせいか、
それとも単純に土地の差を感じたのか
妙に密集した街並みだなぁと。

‥‥昨日今日のことじゃないんだけど。

 

東京に着いて、大学に行って、普段の生活がリスタートして。

ゼミの友達と昼ご飯食べて、就職課で森本千絵さんや
他の先輩方のポートフォリオをぜんぶ閲覧させていただいて、
おなかいっぱいになって、これから昼寝に入ります。

おやすみなさい。

おーさか再び

二度目の上新庄。

 

夜、お好み焼き屋に入った。

弟は大盛り豚玉と焼きそばを頼み、
そんなに食えるのか心配したけど杞憂だった。

 

阪神が甲子園で劇的逆転勝ちをした。
応援する客のおばちゃんが「よし!」と小声で言っていた。
あぁ、ここは大阪なんだなぁとしみじみ思った。

 

IP電話の設定はできたけど、着信音が鳴らない。
午前中にカスタマーセンターに聞いて、直ったら
弟の大学に潜入してみようと思う。

 

CampusTheater in Osaka.

 

夜中までサッカーのゲームをした。
勝てたのは最初だけで、あとは大差でボロ負けした。
こんなことをしたのは何年ぶりだろう?

 

部屋がきれいでびっくりした。
毎週土曜日に掃除をしているんだとか。
兄が来て「部屋が汚れる!」と怒っていた。

 

午前。
カーペットで寝させられて、腰が痛い。

去年バイトしていたインターネット会社に電話し、
客として質問をぶつける。向こうのフローは知ってるので、
早めの返答をしてびびらせた。やな客。

IP電話もメールも使えるようになり、任務終了。

 

午後二時。

先に出た弟を追って、大学にスニーキング(潜入)しよう。
かなり嫌がってたけど、ごめん、行きます。暇だし。

棚ぼたで面白い一日になりそう。

 

帰ったら写真載せます。

In the Dark

何日も家を空けてどこかへ行くのは、もう何度も経験してきた。

去年は北海道にも岡山にも行った。
今年は大阪と京都、まだまだ行きたいところはある。
友達は先日からアメリカへ飛んだ。
渋谷で会った時にはまだ荷造りしてないと話していた。

旅行をするとき迷うのが荷造り。
件の大阪行きでは冬物の服を詰め込んだら下着が入るスペースがなくなって、
仕方ないので下着は持って行かなかった。
その辺のユニクロとかで買えばいいかと思って。
そしたらお金がなくて、弟のトランクスを無断で借りて凌いだ。
ひげ剃りも洗顔料も、弟の新生活に買い揃えるという名目で
現地で買って使わせてもらった。妹じゃなくてよかった。

しかしそれ以上にカメラという荷物もあって、
旅行用にどの大きさのカメラを持つかが悩みどころだった。
一眼レフは機動性も値段もネックになってくる。
高価なので壊したくはない。重いので長距離の持ち歩きはきつい。
でもそれでなくては撮れない写真もあるだろう。
これがアメリカとかだったら間違いなく持ってゆくのだが。

結局、大阪にも持って行った。
コンパクトデジカメと共に。
使ったのは殆どコンパクトの機種だった。
北海道では大活躍だったデジタル一眼も、
浪速の雑多な街中では持ち重りするだけだった。

 

深夜に見る映画じゃないと思いつつ、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を見た。

映画館で見たのは2000年だから、四年ぶりの再会。
さすがに泣きはしなかったが、嫌〜な気分になった。
ラース・フォン・トリアー監督の最新作『ドッグヴィル』を見るべきか、迷う。
毎度容赦がないから。ダークだ。

月並みな感想しか持てない。死を第三者に選ばれて強要されたくはない。
100台のハンディカムを使って撮影されたミュージカルシーンは、TVでも圧巻だった。

 

最近、邦画では『キャシャーン』や『キューティー・ハニー』
『デビルマン』『鉄人28号』が控えている。
なーんかどれも予告編をネットで見る限りはゲームみたいだった。
『鬼武者』のオープニングCGみたいな。

 

塚本晋也の『鉄男』が見たくなった。

千日前

千日前の味園近くで、スピルバーグ監督にもの凄くよく似た浮浪者を見た。

東京に戻ってきました。さようなら大阪、また会う日まで。

隣は何をする人ぞ

隣の部屋は空き室だったらしく、
朝から壁紙の張り替えやらリフォームやらでどったんばったん。

薄壁なので、隣室の施工業者が持ち込んだラジオの音まで丸聞こえ。
アリコのくどいCMがエンドレスで流れてくる。
壁紙が貼り付く独特の「悲鳴」。。バリバリバリバリ。。。ザリザリザリ・・。

弟の住まいは机と椅子を組み立ててほぼ完了した。
あと自分がここにいる理由は、ただ留守番のみ。

 

七年ぶりに高校時代の先輩と会った。
大阪でインテリアの営業をしているとか。スーツにネクタイ、耳にはボールペン。

今日は筋肉痛で、天気も悪い。

 

この前、淡路駅の商店街で人生史上最も美味しいたこ焼きを食べた。
あと二日、ほんとに食い倒れ出来るかもしれない。

京都

歩いて五分のところにTSUTAYAを見つけた。
暇な夜中のために『ターミネーター3』を借りて見たら、最高につまらなかった。

2では適材適所だったCGも、今回は使いすぎ。映画というよりゲームのよう。
(そういえば『イノセンス』も前作よりCGが鼻につく気が。話はまだ面白い)

州知事になったシュワちゃんも奮闘してるが、
やっぱり年齢を感じるし、ターミネーターに見えない。
ターミネーターを演じているシュワちゃんにしか見えない。

最悪なのは脚本。面白さのコアになる設定(世界観)が省略されまくってる。
監督が代わるとこんなにも違うのか!と思って寝た。
ジョン・コナーが不細工になってるのも解せない。
大人になったフィンガーファイブみたい。

 

午前中に、念願の洗濯機と電子レンジが届いた。やっと下着と靴下を洗える。

午後の予定は無い。さて。

 

そうだ。京都行こう。

 

京都は修学旅行生がうじゃうじゃだった。
今が春休みなのかそうでないのか、分からなくなってくる。
清水寺は中学生(14歳)以来。
何だか小さく感じる。今年は厄年なので、いろんな所で手を合わせた。
ついでにやったおみくじは凶で、「政略結婚に陥る危険大」だった。

 

沖縄の高校生は顔が濃かった。その男子たちに混じって八橋を食べた。

雪パルコタイガース

心斎橋パルコに来た!

 

雪すごい!

 

前が見えない!

 

 

サンガツなのに、雪が降り出したよ。。。

 

タイガース

オープン戦、対オリックスTV観戦。負けてる。

けど勝負のつかない内からインタビューとかやっている。阪神のみ。

知らない、見たことのないCMが多くて見飽きない。
今日はまだ出掛けられない。棚や炊飯器、冷蔵庫、FAXの設置。片づけ。

アパートの前を新幹線が走っている。
滅多にないが、阪急線と重なれば、地震みたいに部屋が揺れる。

 

午後四時。

今日は両親が車で来た。片道三時間。かなり近いな。

 

部屋の主は実家で仮免運転中。

上新庄

駅前にロッテリアとケンタッキーとマック、もとい、マクドがある。

当然だけど店員のイントネーションも若干違う。
「一万円入りまーす」「お会計失礼しまーす」
どれも頭にアクセントが掛かってて、ちょっと懐かしい。
愛媛も関西弁に近いかもしれない。「地下鉄」の発音には耳慣れないけど。

 

昨日、子犬の置き土産を見たかと思いきや、今度は
おっちゃんが歩道橋の上から小便を降らせていた。
恐るべし大阪。
下の道路はキラキラと乱反射していた。湯気は未確認。写真も撮れなかった。。。

諸般の事情で、神戸行きは諦め、映画『イノセンス』を見て、道頓堀まで歩いた。
映画は面白かった。化粧品のCMをしてから上映するとは、恐るべし大阪。

街並がますます『人狼』を彷彿とさせる気がしてくる。

 

電子レンジも食器もやかんも洗濯機も揃っていない新生活。
ガスはあってもお湯が沸かせない食後。

インスタントコーヒー買ったのに、飲めない。
お総菜もチンできないから冷たい。電子レンジの素晴らしさを痛感。

テレビを付けると知らない番組が多い。
知らない芸人がリポートしている。旨そうなたこ焼き。お好み焼き。

帰っても何もないので、新聞を買ってみた。クリス・カニンガムのDVDは手が出ないし。

 

それにしても「インディペンデンス・デイ」ってひどい映画だな。

浪速 御堂筋

浪速に降りた。

いきなりカルチャーショック。
エスカレーターが皆左側を空けて、右寄りに並んでる!
テレビとかで言われるのと現実とは、何ていうか受ける衝撃が違う。
変な感じ。

 

弟に「恥ずかしいからカメラぶら下げて歩くのヤメテ」と云われてしまった。

でもこのまま、兄は食い倒れるまで歩きたい。

 

で、またもカルチャーショック。

東京ではSuica(スイカ)が、その名もICOCA(イコカ)!

ICOCAで行こか!!
しかも広告は仲間由紀恵!

 

いちいち驚く。

 

梅田駅には星野仙一がたくさんあった。newFIREと一緒に。
それを見て長嶋監督のニュース(脳卒中で入院)が思い出された。

弟は昨日、車の教習とかで先に帰郷し、母もそれを追って先ほど帰った。

残された僕はこれからの一週間をひとりで過ごす。御堂筋線にも慣れてきた、かな。
引っ越して間もないので仕方ないが、部屋には布団とテレビしかない。
持参したノートPCはネット接続もできず、
DVD「白い巨塔1〜4」を見るとか、いいわけ程度のフォトショップいじりしか出来ない。
昼間は歩いていれば面白いけど、夜、見知らぬ土地でどう生活するかが定まらない。

大阪の印象は、「意外にのんびりだな〜」という感じで、本当に意外だ。
せっかちなイメージは払拭された。歩くスピードが、新宿とミナミでは倍ほどに違う。
目的地に向かって歩くというより、おしゃべりを楽しんでいるのかもしれない。

 

そういえば、なんば駅の前で犬をたくさん見た。
高島屋の前で子犬がぶりぶりとう○こをしていてびびった。
野放しで面白いなーと思ったら、ちゃんと飼い主がいた。ダンボールの中に。
建物も歴史的な造りと高層ビルが混在して、映画『人狼』に出てきそうに見えた。

子犬のう○こからは湯気が立ってた。