上司:おれは会社をやめるぞ!ジョジョーーーッ!!

会社の上司が独立することになり、送別会を行いました。

Web広告のプランナー、コピーライターとして9年間、文字通り馬車馬のように働いてきた上司(大内さん・35歳)。この人に声をかけてもらい、鍛えてもらった4年間でした。今の僕があるのはこの人のおかげ。

創立10年そこそこの会社で9年も勤めた人が辞めるんだから、なにか特別なことがしたい。送り出す人が大好きなモチーフを使って。

モチーフ。迷わず上司の大好きなJOJOで決定。

 

oouchi02

 

大内さんをJOJO風にしてみました。
描いてくれたのは、会社の元後輩デザイナーで現在は漫画家に転向した萱島雄太くん。‥‥上手い!ありがとう、かやしー。

 

さっそく大内さんの分と送別会の幹事5人(多!)のTシャツをつくりました。

 

oouchi01

 

黄色なんて、思わず愛は地球を救いそうですね。

親睦の深い社員から集めたメッセージ付きポラロイド写真のアルバム(もちろん表紙は萱島先生の絵)を渡し、大内さんがそれを見入っている合間を見計らって、幹事一同が「大内Tシャツ」に着替えるというサプライズをかましました。みごとに成功。

 

oouchi03

同じく後輩デザイナーの若ちゃんにも第1部の「おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーーッ!!」と叫ぶディオをもじって「おれは会社をやめるぞ!」で描いてもらいました(トレース疑惑濃厚)。もちろんウケました。沸きました。手に持っているのは大内さんのTwitterアイコン。何でこれを持っているのかは若ちゃんしか知りません。無理にでも考えて描いてくれたことが嬉しい。

 

ちなみにこのパロディとTシャツ化の提案はJOJOマニアの妻から出たもので、彼女の会社では、社員が辞めるときに今まで参加したプロジェクトのロゴタイトルが並んだTシャツやグッズを作って盛大に送り出すとか。そういうサプライズの準備をする妻を見て、常々うらやましいと思っていました。

 

主役の大内さんが喜んでくれたことはもちろん、こちらを意図を汲んで仕上げてくれた社内外の絵師さん、短期間で準備に奔走してくれた幹事スタッフのみんなが純粋にこの送別会をイベントとして楽しみながら動いてくれたことが、僕は楽しくて仕方ありませんでした。

スライドショーやアルバムの出来も自画自賛しちゃいます。よかった!

ふだんWebという物質感のないメディアでものづくりをしているので、手に触れられるものをつくると美大時代を思い出して楽しくなるんでしょう。同じように楽しんでくれた人たちに囲まれて、幸せな3日間でした(短!)。

 

忘れそうになりましたが主役の大内さん、おつかれさまでした。
これからも「さすが大内さん!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」と言わせ続けてください。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳