iPad

 

Appleの新端末、iPadがずいぶんと話題になってます。
Flashが未対応らしいことや、カメラやUSB端子がないことには
そりゃ不満がありますが、きっと買うだろうなぁと思ってます。

 

理由はいくつか。

まず、WebAdvertisingという業界にいる者として、
この先進の体験(つってもiPhoneとほぼ一緒?)を
しないわけにはいかない、という使命、嘘、いい訳。

次に、ベッドサイドで見るネット端末として
サイズ感が魅力的(もうたいした理由じゃない)。

そして、Appleへの愛(だから単純に欲しいだけ)。

 

これらの理由の中で、やはり重視すべきは
「ベッドサイド」だと思いませんか。思いますね。
思いましょう。

 

 

家庭で手軽に見られるネット端末として、
これほど適したサイズとインターフェイスの
商品はないのではないか?と思うのです。

同じように感じてか、Twitterでも、早くも
「親にプレゼントしたい」というつぶやきが
いくつも見られます。僕も同様に書きました。
これは母の誕生日(9月)にあげたい、と。

いかんせん、ニンテンドーDSiもWiiも
プレゼントしたわりにあまり使ってくれて
いないようなので、心配ではあるのですが、
ネットやメール、家計簿、Skype用と考えれば
楽しく使ってくれるかもしれません。
なにより、触って楽しいし。

 

ここからは完全に妄想の世界ですが、
個人的には、iPadが、家庭で使うインターネットの
最適な“Window”になるなら、TimeCapsuleと連携してほしい。
で、家庭内Macとの完全同期、仮想記憶容量1TBということに
ならないかなぁ、と。もっと言えば、HDDレコーダーの中身も
iPadでリモート再生できたら最高です。寝る前に手元で龍馬伝。

 

Appleが起こしたインパクトは、
たった一枚の画面が生み出す可能性のインパクト。
家庭内クラウド、文字通り「ホーム」化を押し進める
四次元ポケットになってほしいと夢想します。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳

「iPad」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。