TUGBOAT 10 Years_vol.02

Vol.01のつづき。

TUGBOAT 10 Years』(美術出版社)刊行記念トークショー
「TUGBOATの10年、その“航海記録”」

でのトークを書き起こします。
(速記を起こしているので、僕の要約や言い換えが含まれます。
正確じゃなくてごめんなさい)

 

質問コーナー。

会場のお客さんから事前に集めた質問用紙から、
司会の川口さんが気になったものをピックアップ。

川口さん:
「質問。岡さんが若い頃に影響を受けたものを教えてください、だって」

岡さん:
「影響‥‥?高校時代に俳句を書き合っていた、小田嶋くんかなぁ。
彼のことは別の所で連載でも書いた(第50回参照)けど、
小田嶋くんには圧倒的な才能を感じたんだよね。
俳句も上手いし文章力もすごいやつで」

 

の質問。

川口さん:
「この10年でやめたことを教えてください、だって。」

岡さん:
「やめたこと?お酒とか?ないなぁ。もともと飲めないし。
う〜ん、逆に、10年以上つづけていることはあるけど。
毎日100字日記。誰に見せるでもなく書いてるから、
僕のつぶやきは閉じてるんだよね(笑)」

多田さん:
「俺もない」

麻生さん:
「ない」

川口さん:
「ないってことで(笑)」

 

川口さん:
「じゃ、どんどん行きます。次の質問。
‥‥みんな質問がムズカシイんだよね〜。

ない方がいい広告を振り向かせるためには、
どうすればいいでしょうか?だって。どうすればいいの?」

(※この質問は、不正確かもしれません、が、
下記の回答はほぼ正確です。あしからず)

 

 

岡さん:
かっこつけてると難しい。でもかっこ悪いと話も聞いてくれない。
本当のことを言いながら、ブザマにならないようにする。

あらゆる表現は、みんなでマーケティングして
計算されたものよりも、ある個人の、熱の高いものがヒットする。

「念」みたいなもの。
それから、(そのプロジェクトに)求心力のある人がいるかどうか」

多田さん:
「広告が必要不可欠じゃないことをまず自覚する。

 

 

どうすれば愛されるかは分からないけど、
どうすれば嫌がられるかは分かるから、
嫌がられることはやらない。

2回目に会ったときにも話を聞いてやろうと思えるか。
あと、自分で自分を褒めないこと」

 

 

麻生さん:
説明すれば理解してもらえる、というのは間違い。
言わない方が伝わることもある

 

川口さん:
「はーい、じゃ、続いて。
これからチャレンジしたいことを教えてください」

岡さん:
「あと10年経って、今のクオリティよりも質の高いものを
出していきたい。量はいいけど、質は上げられる

多田さん:
「もう1回、映画をやりたいですね。
みんなが許してくれたら‥‥(チラリと岡さんを見る)
次は静かな、人の気持ちに焦点を当てたものをね」

麻生さん:
今の広告より、もうひと越えできた、を連続で行きたい

川口さん:
「ほんとね、この10年よく持ったなと思います。これからもね」

 

僕のメモは、以上で終わります。
川口さんの口調は脳内再生で書きました。
会場で聞いていて、この人はTUGBOATの「母」なんじゃないか?
と思いました。最も大らかで、全体を見渡している(司会だし)。

オフィスのテーブルの話とか、いくつかのエピソードを
こぼしていますが、メモってないので書けません(汗)。
ここまで書き起こすのなら、むしろ録音されていたらよかったのに!
ってくらいに中途半端なものになって逆にゴメンナサイ。

 

10年をただ振り返るだけじゃもちろんなく、
これからもクリエイティブで世の中をざわめかせる、
記憶の片隅になにかを置いて帰る。ということを、
とってもシンプルに、前向きに捉えている。

たくさんの言葉をもらって帰ることができました。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳