『THE SPOT』

小林賢太郎ライブ
POTSUNEN 2011
『THE SPOT』

神奈川芸術劇場で観劇してきました。

小林賢太郎。
片桐仁とコンビで笑いのるつぼへと引き込むコントユニット・ラーメンズの脚本、演出、出演を手がける人。POTSUNENは、小林氏が一人で全てをみせる、ソロコント・プロジェクト。

小林賢太郎=ポツネン氏。
好奇心旺盛で、几帳面で、器用で、不器用で、だじゃれ好きで、用意周到で、突拍子もなくて、ひとを驚かすのが好きな人。=小林賢太郎。なんだなぁ。

一挙一動が面白く、愛せるキャラクター。でもラーメンズの笑いとはすこし違う。佇まいが。最近作の『TOWER』とは着目点が近しい気はしたけど、モジャモジャ怪優がいないぶん、氏が矢継ぎ早に生み出す「現象」への笑いが純化されていると思いました。

POTSUNENシリーズの最高傑作と評されている『SPOT』をパワーアップさせて再演された『THE SPOT』は、ラーメンズファン歴10年の僕(と奥さん)にとっては初のソロコバケン体験。観劇後のアンケート用紙には、こう書きました。

面白いって、美しい!
美しいって、面白い!

 

そうなんです、ポツネンのコントは笑いだけじゃない。
計算され尽くした美しさがある。
まず、あれがこうなってこうなるから面白い!って、なんて美しいんだろう。と感嘆する。そして、ピタッとはまった美しいプロットに、思わず笑みが浮かんでくる。じわじわ来るというやつ。

もちろん、ぷっと吹き出す笑いも随所に仕掛けられている。そう、仕掛け。マジック。イリュージョン。小林賢太郎の得意とするもの。パントマイムも含めて、彼の技が観客を虜にします。そういえばロビーのお花に「マギー審司」の名前を見つけたときは妙に合点しました。

 

「コントの領域を知りたくなったのです」という挨拶文が象徴するように、実験的な作品が多い。この場合のコントとはお笑いとしてのそれより本来の意味である「寸劇」の意味合いが強く、笑いとも演劇ともつかないラーメンズの芸風同様、コント内容にマジックやハンドマイムがあるなど、カテゴライズが難しいものとなっている。

(Wikipedia『POTSUNEN』より)

 

なるほどね。

家に帰って、会場で買ったパンフレットをぱらぱらと。
最後のページに、ポツネン氏もとい小林賢太郎の〆の挨拶が書かれていました。

 

「子供の頃からそうでした。
 美しいものが好きで、
 不思議なことが好きで、
 笑っている人が好きでした。
 その全部を僕に見せてくれるのがポツネン氏です。
 これからも彼と一緒に、
 より美しくて、よりちょうど良く不思議で、
 より可笑しな世界を目指していきたいと思います。」

 

「美」というワードが創作者ご本人からも出ていたことに嬉しくなりました。分かってるねぇ。いや逆だっつーの。

今日の公演は収録用のカメラが入っていました。氏いわく「YouTubeに15分割してアップします」とのこと(冗談)。

生で、あの人とあの人に観てほしい作品です。
当日券も出ていますし、東京公演も一部eプラスでチケット追加販売がされています。ぜひ。

(こちらは過去作品『DROP』より)


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳