直角二等辺三角形ツアー in 愛媛

ただ今、京都へ向かう
ステップワゴンの中で書いてます。
くるりの「愉快なピーナッツ」聴きながら。

 

Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR、
in 愛媛(地元)・ひめぎんホール公演

1階19列目で参戦しました。
1階なのに客席よりもステージの方が
下がっているので見やすい。映画館みたい。

僕が経験してきた中では、
これまででいちばん狭い箱でした。
いや、横浜BLITZの方が小さいか?微妙なライン。

ひめぎんホールは中2のときに見た中島みゆき以来で、
5階席まであって、あ~ちゃんがしきりに
「勢い余ってアレグリアせんといてね~」
あの絶壁ならあり得る。

声出しも当然、「5階〜!」「4階〜!」。

 


※以後、ネタバレ要素を含みます。
これから行くっていうkonishiくんとかは要注意でお願いします。

 

ホールでPerfumeってどうなんだろ?と思ってましたが、
オープニングの登場から度肝を抜かれる演出で、不安は
すぐに吹き飛びました。

edgeでは3面のモニタに3人が登場、
目の前のリアルPerfumeと虚像のPerfumeが
“6人で”踊るという奇跡的なパフォーマンス!

今回のMyツボは、 Puppy loveでフリを
間違えたかしゆかが笑いをこらえきれず、
時おり口を押さえながら踊っていたのが。
ドライバーで同行してくれた弟は見逃してたけど。

近親者といっしょに行くといろいろ遠慮して
(というか冷たい目が気になって)あまり飛べません。
でも楽しかった!わざわざ帰省したかいがあった!
「帰省こそ口実だろ」の声が聞こえるけど。

 

にしても、客席とステージの距離が近い!
代々木で観たときの前から2列目3列目よりも
高さがないぶん、1階席はこれまでにない一体感が。
客との掛け合いが長引いて「無線で巻きの指示が入った!」と
あ〜ちゃんに言わせるほど、ふつーに会話してたのが印象的。

あと、愛媛ってことで
「三人合わせて、Perfumeぞなもし!」
いただきました。

PM6時から9時10分前という長丁場を
歌とダンス、そしていつも以上に冴え渡る
トークで楽しませてもらいました。

 

多幸感を胸に、ツアータオルを肩に、
深夜のハイウェイで京都へ向かいます。

世間はお盆、僕にとってはふつうの土日。
だけど何?このツアーっぽさ。

 

セットリスト

01.Take off (ロングver)
02.NIGHT FLIGHT
03.エレクトロ・ワールド
04.Dream Fighter
05.love the world

―MC―

06.Zero Gravity
07.マカロニ
08.SEVENTH HEAVEN
09.Kiss and Music

10.Speed of Sound (着替え曲)

11.edge (⊿-mix)
12.シークレットシークレット
13.Baby cruising Love
14.I still love U

―MC―

15.ワンルーム・ディスコ
16.ジェニーはご機嫌ななめ

―声だし―

17.チョコレイト・ディスコ
18.ポリリズム
19.Puppy love

アンコール

E01.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
E02.Perfume
E03.願い (Album-mix)


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳