秋の覚え書き2

また更新の間をあけてしまった‥‥。

ここ1ヶ月はとくにTwitterでのつぶやきが
増えて、ブログの「さて書くか」をサボり気味です。
(さて書くか!という構えがブログには必要)

誰が困るでもないけれど、
自分の思考整理やアーカイヴとして
ブログはなくてはならない存在なので、
なんとか書く時間を意識的につくらないとなぁ
と思っています。その「意識」がまったく不要な
Twitterに流れているのが現状ですが。うーむ。

 

というわけで、最近増えている、覚え書き。

 

■CEATECに行ってきた
→いろいろ思うことあったので後日まとめます。
 今年は出展企業も入場者数も減って寂しい催しだったそうですが、
 初めて行った僕はとても楽しめました。3D TVは商品価値がある。
 とくにスポーツ観戦において(後日まとめます絶対に)。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■映画『空気人形』を鑑賞
→「私は性欲処理の代用品」とつぶやきながらとぼとぼと歩く空気人形。
 もう、その姿だけで愛おしいと思わせる主演のペ・ドゥナと是枝監督は
 ずるい。現代の寓話として完璧なキャスティングでした。
 しばらく尾を引きそうな映画です。今年は映画の当たり年かもなぁ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■宣伝会議コピーライター養成講座専門クラスに合格した
→過去最高の応募者数で選考に時間がかかったそうで、やきもき。
 運良く合格通知をもらい、晴れて7代目中村禎組の一員になれました。
 もう半年間、勉強します。20代最後の学校。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■『ツイッター 140文字が世界を変える』読了
→「ツイッターって何?」にこれほど平易に答えたものはないと思います。
 筆者のコグレマサトさんから御礼つぶやきが僕個人宛てに
 届いたことも、Twitterの魅力を強烈に再確認させてくれました。
 たった4語だけど、本の筆者とやりとりできるなんて!
 (これはTwitterもすごいがコグレさんの人間力もすごい)

 

ふう、ここまで書くのに1時間かかった。

サマリーだけでもこうやって「まとめる」作業って
すごく大切ですね。撮りっぱなしの写真もまとめよう。

日々のスピード感に負けそうになるけど、ブログは自分の育児日記です。
身の回りの変化と自分自身の代わり映えのなさを確認する唯一のツール。
あらためて、続けていこうと思いました。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳