“Happy”に乗っかりたい気分づくり


Pharrell Williams – Happy

このWebサイトがクレイジーで気持ちいいんです。

アメリカのシンガーPharrell Williamsの“Happy”という新曲のために公開されているこちらのサイトは24時間ぶっ通しで見せるユニークなプロモーションビデオ。

どんな趣向かというと、およそ4分の曲を24時間ひたすら連続再生でループし、その間一曲毎に毎回違うダンサーがそれぞれのパフォーマンスを見せるというもの。
その場のシチュエーションなどはその時間に対応したものになっており、ユーザーは自由に時間を進めたり戻したりしながらダンサーを次々と切り替えていくことが出来るインタラクティブな造りになっています。

K’confより)

どこをどう切り取ってもカッコイイ
どこをどう切り取ってもカッコイイ

Pharrell_Williams_Happy03

ところどころに出てくる有名人を探すのも楽しく、シンプルなルールでいつまでも見続けられるのは本当に気持ちいい。YouTubeでは再生回数が2億を突破しているとか。

世界各国の都市バージョンも派生しているらしく、たとえばスター・ウォーズ(都市っていうか星じゃん)。

そして4月29日、原宿バージョンも公開されました。

出演者は、オープニングを務めたファッションブランド「FIG&VIPER」クリエイティブディレクター植野有砂をはじめ、渋谷区長の桑原敏武やビームス代表取締役社長の設楽洋、ユナイテッドアローズ取締役会長の重松理、SHIMAの奈良裕也、FALINEオーナーのBaby mary、Yusuke Devilといったファッション関係者に加え、二足歩行ロボットのASIMO(アシモ)やプロレスラーの蝶野正洋まで多彩な顔ぶれだ。

Fashionsnap.comより)

すこし前の『恋するフォーチュンクッキー』のような流行り方かも。上手い下手関係なくダンスで繋がれるって、もう見ているだけで幸せ。しかも原宿バージョンは作り手の狙い通りに原宿へ行きたい気分にさせてくれます(ボクの場合、原宿=職場だけど)。つまり観光コマーシャルになってる。

そういう点もふくめて音楽がもつ、人を取り込む力って改めて魅力的。全世界で大ヒットしている『アナと雪の女王』も、冷静に考えたらトンデモなストーリーはお構いなしに音楽でヒットしてる(と思う)けど、素人によるアフレコ動画のアップが流行ってたりするし。素人が真似したくなる、参加したくなる音楽になっていることが流行のポイントなのかな。

気がつけばファレルの『Happy』、絶賛ヘビロテ中です。


tacrow
伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。 同年:博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職。 2012年〜:株式会社BIRDMANにてインタラクティブプランナー/ディレクター職。 2017年〜:株式会社某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職。 広告と映画と写真とあーりんをこよなく愛する37歳