直角二等辺三角形ツアー in NAGOYA

Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR、
in 名古屋・日本ガイシホール公演

はるばる新幹線で行ってきました!

“直角二等辺三角形ツアー in NAGOYA” の続きを読む

直角二等辺三角形ツアー in 愛媛

ただ今、京都へ向かう
ステップワゴンの中で書いてます。
くるりの「愉快なピーナッツ」聴きながら。

 

Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR、
in 愛媛(地元)・ひめぎんホール公演

1階19列目で参戦しました。
1階なのに客席よりもステージの方が
下がっているので見やすい。映画館みたい。

僕が経験してきた中では、
これまででいちばん狭い箱でした。
いや、横浜BLITZの方が小さいか?微妙なライン。

ひめぎんホールは中2のときに見た中島みゆき以来で、
5階席まであって、あ~ちゃんがしきりに
「勢い余ってアレグリアせんといてね~」
あの絶壁ならあり得る。

声出しも当然、「5階〜!」「4階〜!」。

 

“直角二等辺三角形ツアー in 愛媛” の続きを読む

ドロンッ

4日ぶりに帰った翌日もまた
徹夜に戻り、結局、先週の金曜から
2回しか自宅に帰っていないという異常事態。

Perfumeの新譜もiPhoneに入れたものの、
ろくに聴けていません。とってもストレス。

風呂に入れないのが何よりも気持ち悪く、
「風呂は命の洗濯よ」って、けだし名言。

 

そんな自分社会人史上最高に忙殺の真っ直中に、
「2時間だけ出かけてきます!」とチームの人に
言い残し、日本武道館へ行ってきました。

 

 

くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~
武道館公演

 

平日のど真ん中にもかかわらず満員。
すげーなくるり。

立ってるだけで精いっぱいでしたが、
「愉快なピーナッツ」「東京」がとくに染みいりました。
地方出身でよかったと思える曲、とは、彼女の感想。うん。

何度もメガネが吹っ飛ぶ岸田くん(さん)。
無理して行ってよかったです。

What is DISCO ?

Perfumeワンマンライヴ
ディスコ!ディスコ!ディスコ!
2日目。つまり最終日。

いそいそと代々木第一体育館に出勤するあ〜ちゃん。
ではなく。
コスプレの方々の完成度の高さたるや。

 

にしても、それにしても!

“What is DISCO ?” の続きを読む

ディスコ!ディスコ!ディスコ!

Perfumeワンマンライヴ
ディスコ!ディスコ!ディスコ!

アリーナ席、前から3列目という
驚愕の至近距離から3人を拝み倒し!!!

しかも!!!

 

かしゆかに

手を振ったら

振り返してくれた!!!!!!!!!!!

 

嬉しさのあまり、隣にいる盟友kofumeに速報。

「今の見た!?俺が手を‥‥」
「俺も!!」

あんたにじゃねーよ、俺にだよ!!!!!!

 

mixiを通じて一緒に行った人はwonder2の衣裳で
参戦し、MCであ〜ちゃんにバッチリ拾われていました。
どこを切り取っても、代々木の奇跡。

両脇から伸びた花道で、目の前で、
かしゆかがステージから一瞬、落ちそうに
なったのを見て、「魔女宅」のジジばりに
身の毛に電気が走り、思わず前のめりに。
ただ、1万数千人いても、ファンは祈るのみなんだなぁ。
あぁ、近くて遠い。

なんてフクザツな思いが頭をよぎる暇もなく、

Perfumeの真骨頂たるLIVEを、
圧巻のダンスを、どんな規模の
ハコでも健在のゆる〜いMCを、
初披露のNIGHT FLIGHTを、
Hiパフォーマンスを
「見」たのではなく「演」りました。

もう、ひたすら、「生」はすごい。

明日はセンター花道、巨大ミラーボールの
眼前で観戦します!!!

Mr.Children Tour 2009

Mr.Children Tour 2009
~終末のコンフィデンスソングス~

横浜アリーナ公演に行ってきました。

棚ぼたで会社の後輩に譲ってもらったチケットを
握りしめ、大学の先輩・ちくりんとアリーナへ。
先輩の彼女は単身、別の席で鑑賞。

なんだか申し訳ないなぁと思ったら、2人は昨日も
参戦していたとか。しかも前席2列目で。
2人とも本気のファンでした。

そんな強者どもと観た初ミスチルは圧巻。

 

いやぁ、桜井さん歌うまいなぁ。

 

ただ、同じく熱唱するちくりんの声も負けてはおらず、

右の耳から桜井さんの美声が、
左の耳からはほぼ同じ声色を持つ男の
雄叫びがサラウンドで反響するという、

2.1チャンネル仕様。

「サンキューどうもありがとう!」まで左右から聞こえる事態に、
戸惑いと周囲への「許してやってください!」という念が
身体中を駆け巡り、おかげで変な汗もかきました。

 

巨大スクリーンに映し出されるモノクロのメンバー、飛び散る汗、
カットインされるCG、会場のお客さんの顔‥‥まるで完成された
ライヴ映像を見ているような完璧なスイッチングに感動。

曲も「おいおい序盤からクライマックス!?」ってB級映画風の
CMキャッチコピーを拝借したくなるようなハイテンションで。
桜井和寿という男のかっこよさに魅せられっぱなしの2時間でした。

サンキューどうもありがとう!

 

~セットリスト~

01.終末のコンフィデンスソング
02.everybody goes
03.光の射す方へ
04.水上バス
05.つよがり
06.ロックンロール
07.東京
08.口がすべって
09.ファスナー
10.フェイク
11.掌
12.声
13.車の中でかくれてキスをしよう
14.HANABI
15.youthful days
16.エソラ
17.innocent world
18.風と星とメビウスの輪
19.GIFT
~encore~
20.少年
21.花の匂い
22.優しい歌

BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!

Perfume 日本武道館ワンマンライヴ「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」
アリーナ席で参戦!!!!(またしても盟友・kofumeと)


新曲「Dream Fighter」もいち早く生で観た!
 かしゆかのご両親が目の前にいた!
  のっちのお母さんも観た!(激似)
   掟ポルシェさんも間近で拝んだ!
    木村カエラもいた!らしい。見てない!

3人の超絶パフォーマンスを2時間30分堪能した!!!

ウェーブもあり、会場全体がものすごい一体感。
あ〜ちゃん風にいえば、ちょ、これやばいっしょ。

コニ氏のブログにも熱く書かれているけど、
「届きたい対象が数10メートル先に実際にいる」幸福感に満たされました。

こんなに好きだったっけ?と笑っちゃうほど、
ジャンプして、手を挙げて、アンコールを叫んで。

 

ライヴハウス武道館、がそこにはありました。

 

【セットリスト】

コンピューターシティ
edge
エレクトロ・ワールド
– MC –
plastic smile
love the world
マカロニ
– MC –
Baby cruising Love
Take me Take me
Butterfly
GAME
シークレットシークレット
パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
– MC –
セラミックガール
ジェニーはご機嫌ななめ
チョコレイト・ディスコ
ポリリズム
Puppy love

Dream Fighter
Perfume
wonder2

RADIOHEAD | JAPAN TOUR 2008

4年ぶりの生レディオヘッドは、
最前列から2番目という奇跡の場所で観戦。

打ち身がたくさんできました。

 

開演早々はぐれてしまった彼女は、ファンでもないのに僕に付き合わされてモッシュに飲み込まれ、靴が左右とも行方不明になってしまい。

雨の中、裸足で近くのイトー・ヨーカドーまで歩きました。

安物の靴を買って帰宅。

全身の汗をアリーナに吸い取られました。

 

興奮でうまく書けません。
このツアーが日本公演最後になるやも、という噂(?)が嘘であってほしい!

IMG_5231

【セットリスト】

15 step
airbag
just
there there
all i need
pyramid song
weird fishes / arpeggi
the gloaming
myxomatosis
faust arp
knives out
nude
optimistic
jigsaw falling into place
idioteque
fake plastic trees
bodysnatchers

like spinning plates
videotape
paranoid android
reckoner
everything in its right place

go slowly
my iron lung
how to disappear completely

今週のPerfume

NHK『SAVE THE FUTURE』
渋谷エコライブ…
外野からだけど観に行きました。

まままさかの2週連続生Perfume!!
&紀香。

 

渋谷の青空に響くポリリズムに
夢中になっていると、携帯がブルッ。
京都の弟から。

 

「兄ちゃん秋葉原が通り魔でヤバいけど大丈夫!?

 ‥‥ていうかなんかウルサイけど、どこ??
 NHKをつけろ?へ?ここにおるんかい!」

 

受話器ごしにポリリズムを理解した弟は
「あーごめんごめん」と冷め切った反応で退散。
心配してくれたのかなーなんて思いつつも、
引き続き、全3曲を楽しんで帰りました。

 

僕にとっては平和な休日。
弟が拍子抜けするほどの。

その電話を掛けさせる動機となった
秋葉原の通り魔事件については、
たまに行く場所だけにショックとしか言えません。

wonder2 – Perfume First Tour「GAME」


Perfume
First Tour「GAME」
Tour Final 2008.6.1 in 横浜BLITZ

 

参戦してきました!

前の晩に自転車で転んで(痛)
足をくじいたり、休日出勤でほとんど
寝ていない最悪なコンディションの中、

思いきり浜の“香り”を堪能。感無量です。

 

ツアーファイナル、ラスト曲での
スタッフと観客によるサプライズに、

泣きながらも精いっぱい歌うあ〜ちゃん。
あ〜ちゃん以上に大粒の涙を流すかしゆか。
凛とした姿勢で涙をこらえるも必死の、のっち。

 

初ツアーのファイナルという
現場に居合わせた奇跡に感謝。

DVD出たらマストバイ。

 

昔(亀戸?)からのファンの勢いと
統制のとれたかけ声に負ぶさるように、
もみくちゃになりながらも飛びました。

しばらくは、脳裏に焼き付いた3人のダンスを
リピートしながら筋肉痛をほぐすことにします。

ピラミッド大作戦

友だちの結婚式の翌朝。

神戸から大阪へ行き、駅の改札で弟と待ち合わせ。革靴とワイシャツを返す。

その足で新大阪から東京駅、そして幕張へ。

お目当てはDAFT PUNKの日本公演。
開演時間ギリギリに会場で連れと合流できた。

 

DAFT PUNK 日本公演
「DAFUNKFEST」
2007.12/9 in 幕張メッセ

 

列に並ぶとき、ドリンク交換をしに行った彼女とはぐれてしまう。しかも相手はケータイを携帯していなかったため、そのまま2階席に入り、ひとりで観る。

ライヴは大満足!
前座のRYUKYUDISKOもブンブンサテライツも酔わせてくれたけど、やっぱり主役とピラミッドに度肝を抜かれた。

 

変幻自在なライトマジック。
彼らはしゃべらないだけに、光と音のシンクロが“饒舌”で美しい。
間違いなく今年No.1のライヴだった。

 

帰り道、思い思いに興奮を語り合うオーディエンス。

「サイコーだよね!
 私もやりたくなっちゃった」

とはしゃぐ女の子がいれば、

「オレ音楽やめるわ、
 だって奴らに敵わねーもん」

と漏らす男の子もいて。マジか!?

 

そんな彼らに混ざって、

「アリーナの最前列で観ちゃった!」

あんなに鼻息の荒い彼女を見たのは初めてかもしれない。
Tシャツとバッタモンのキーホルダーを買って帰宅。記念記念。

目の前で靴を脱いで観たという彼女は

「実際、本物だったのかなぁ?」

と失礼な疑いをかけていた。

井上陽水コンサート2007

に行ってきた。

八王子市民会館。
遠い!ちょっと寒い。

闇夜の国から / 新しいラプソディー
リバーサイド ホテル / Make-up Shadow
アジアの純真 / 少年時代 / 夢の中へ …etc

 

「氷の世界」のハーモニカ、
「いっそ セレナーデ」の口笛、
個人的に懐かしい「嘘つきダイヤモンド」と
「ワインレッドの心」がとくに鳥肌モノでした。

昔の曲(「人生が二度あれば」とか)も、
今の艶のある声で歌われると別の迫力が。
仕事休んで行ってよかった。

飄々としたMCもぜんぶ、井上陽水で、安心と満足。

Beyonce World Tour 2007

ビヨンセ ワールドツアー
2007 in 東京ドーム

に行ってきた。
圧巻。

アルバムを聴き込んで
行ったわけじゃなかったから
知らない曲も多かったけれど、
「Survivor」や映画『DREAMGIRLS』を
模した舞台とダンス、レイヤー状に
投影されるPVと生の映像など、
曲も演出もさすが!
凝りに凝ったステージを存分に堪能。
ドームのアリーナ席で(遠い!)。

「Deja Vu」
「Crazy in Love」
「Irreplaceable」
知ってる曲はとくに盛り上がる。

 

客層はやはり女性が多く、
一緒に行った友人bikiと感嘆しきり。

「世の中にはこんなにも美人が多いのか!
 美女が東京ドーム1個ぶんだな」

と言ったか言わなかったかは忘れたが、そう思った。
bikiは女優やモデルも目撃したそうで興奮してたけど、
僕には誰もがかわいく見えてよく分からなかった。

そんなことも含めてビヨンセの偉大さを感じた一夜。
水道橋駅前の餃子で締めくくった。

CORNELIUS TOUR 2007


THE CORNELIUS GROUP
“SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW”

SHIBUYA-AXで観た聴いたチョイ踊った。
気持ちのいい時間。テルミンかっこいい。
客層若し。小山田クローン(?)率高し。

帰りに友達と食べたタイ料理が美味かった。

www.cornelius-sound.com

UTADA UNITED 2006

午後6時〜、宇多田ヒカルのライヴを観る。
代々木第一体育館。

4時半に彼女と原宿駅で待ち合わせ。
休日の原宿は人人人。

ライヴはあっという間の2時間だった。

いきなり
「Passion」から「This is Love」へと
繋ぎ、聴きたかった「Traveling」
「Keep Tryin’」、

そして高校卒業から浪人生活へ突入の
しょっぱい時期を超個人的に思い出させる
「Automatic」、最後に
「光」を歌い上げ‥‥

って、すごい端折って書いてるけど、
実際、ものすごく早く感じた。

シングル曲が多くて聴きやすかったし、
時折マイクを握ったまま天を仰ぐ姿が
かっこいい。
汗で髪が重たくなっていて、色気があった。

背中で流れるLEDスクリーンは
角度が悪くて見えなかった。
それだけが残念といえば残念。

 

新宿で彼女とパスタを食べて、駅で別れた。