バッチリかと!の「かと!」って何かと。

広告業界でよく使われる「バッチリかと!」。

主にデザイナーさんから来たデザイン修正や文言修正の確認時に「こりゃ問題ないわ」と思った営業さんや僕らディレクターが「いいね!」を押す感覚で用いがちです。心の親指立ってます。

僕もよく使いますが、

「バッチリ」と太鼓判を押した直後の「かと!」って、一体何?

むしろ「かと!」の方に力を込めて言う営業さん、「バッチリです!」じゃないんだよね・・・?と聞いてみたくなりました。「かと!」には、スポーツ新聞の「離婚 か!?」みたいな、「十中八九 離婚するんだろうけど裏取りは不十分だよ」という弱々しさを読み取らずにはいられません。

そういう自分もたった今「バッチリかと!」とデザイナーさんに返信したのですが、「バッチリかな?!どうかな?」、「俺はバッチリだと思うけど先方は何て言うかな?」、「バッチリの語源って何なんだろうね?」、「バッチリと鉄ちりって似てるよね」、「この冬は鍋やらなかったな」という気持ちを込めて送信しています。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳