モディリアーニ展

国立新美術館で『モディリアーニ展』を観る。

「世界中から集められた油彩・素描約150点の出品により、国内では過去最大規模の展覧会となります。知られざる原点から代表作までモディリアーニの全容を一望するまたとない機会となるでしょう」

(展覧会公式サイトより)

美術の教科書で見た“アーモンド型の目の女性”という
大ざっぱな印象でしか知らなかった100年前の絵画は、
作者の興味と作風の変遷を順番に追うことで自然とその
世界へ没入できるように展示されていて、とても見やすかった。

やっぱり“アーモンド型の目の女性”は見終わっても
“アーモンド型”でしかないんだけど、瞳のブルーに
引き込まれている自分に気づく。

素描がおもしろかった。
1919年からの多作も目を引く。

侮りがたし、モディリアーニ(失礼)。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳