人生相談

電通のクリエイティブ・ディレクター、
さとなおさん こと佐藤尚之さんのblogで、
面白いエントリーがあったので貼り付けます。

 

3つの人生相談

 

岡田斗司夫の回答がドラマチック。

 

結局、ソリューションとは一般論のこねくり回しではなく、ソリューションを提示する人の「自分の露出」なのだな。最大公約数的解決策なんか意味なくて、結局「自分」なんだ。こういう回答を読むとそういう意を強くする。

 

という、さとなおさんの考察もガッテン!です。
つまんない解を導くよりも、「こういう見方もあるのか」
と相談者にカウンターパンチを食らわすような
「自分の表出」が、案外、相手をも救うんじゃないかなと。


投稿者: tacrow

伊藤 拓郎 / Takuro ITO (April 12, 1980~) 2006年:武蔵野美術大学 造形学部映像学科卒業 2006年:(株)博報堂アイ・スタジオにてプランナー/コピーライター職 2012年:(株)BIRDMANにてプランナー/ディレクター職 2017年:(株)某広告代理店にてデジタル・プランナー/コミュニケーション・プランナー職(現職) デジタルガジェット、広告、映画、Netflix、写真、ももクロのあーりんを愛してやまない37歳